スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

来客ふたたび

昨日も友達が遊びに来ました。

日常劇場の相棒、あおいさんです。
あおいさんは今、同人休止中なので、日常劇場はストップ状態です。ちょっとさみしい。

とてもめずらしい立て続けの来客。
またもどうき、息切れ、めまい・・・って感じでしたが、クッキーを焼いておもてなし。
この日はまったりと、マンガ喫茶な我が家でした。

あおいさんは君に届けを7巻まで読破!
すごいよ、ベイベー。
今後はマンガ喫茶マスターとして尊敬するとしよう。

さて。マンガ続きで、最近買った本を羅列しておこう。
最近はこれが定着したので、自分で何を買ったか把握できて、なんとなくいいや。

キャス・キッドソンへようこそ 2 (2) (e-MOOK)キャス・キッドソンへようこそ 2 (2) (e-MOOK)
(2009/02)
不明

商品詳細を見る


付録目当てで買ってしまった。エコバッグかわいい。

とらドラ!2 小冊子付き特装版 (電撃コミックス)とらドラ!2 小冊子付き特装版 (電撃コミックス)
(2009/01/27)
絶叫竹宮ゆゆこ

商品詳細を見る


・・・普通版で良かったかも・・・(オタク失格発言)



&届くのを待っているのが
俺はまだ本気出してないだけ 3 (IKKI COMIX)俺はまだ本気出してないだけ 3 (IKKI COMIX)
(2009/02/25)
青野 春秋

商品詳細を見る


届くの楽しみ!シズオ・・・


・・・マンガばっかり。
そろそろ小説も読みたいな。面白いミステリーが!




・・・話、変わって。
きちんと表示されない。とのご意見をいただいたので、テンプレ変えました。
今度はきちんと表示されるでしょうか?
・・・どうっすか?

☆☆ ・・・なんとなく編集してみました。以下、変更後。  ☆☆



借りた小説は読み終えました。(蛍さん、ありがとう!)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (富士見ミステリー文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (富士見ミステリー文庫)
(2004/11)
桜庭 一樹むー

商品詳細を見る


もっと苦しくなるような読後感かと思ったんだけど、意外に大丈夫だった。
あの終わり方で良かった。もっと違った終わり方だったら、素直な感想が持てなかったかも。

いや。起きてしまった出来事に対しては、悲しい事実だなと思ったんだけど。
その後の、人たちの、行動に。私は、納得いったんです。(あくまでも、個人的意見だけど。)

ただ、挿絵が本編と違うような・・・?絵的には可愛くて良いと思う。けど。
私の頭の中の山田なぎさは、ヒラヒラの服やリボンは着ていなかった。
服装Tシャツとジーパンって書いてある場面もあるから。
藻屑に関してはそんなにイメージ違わない感じだったけど、黒い服で描いてくれたら、もっと良かった。(作中に頻繁に出てくるし、黒い服って。)
挿絵付の小説は、ほとんど読まないから、尚更違和感感じるのかも。

でも、アマゾンで他の人の感想を読んでみたら、挿絵に違和感あった人が全然いなくって、私の感性って・・・と、ちょっと寂しい気持ちになりました。
あと、いろんなバージョンやマンガも出てるのね。内容は同じなのかしら?

もっと若い時に読んだら、もっといろんな感想が持てたかも。
今はもう、先生の目線で読めてしまう、悲しさよ。
でも、最近はこういう系のお話からすっかり離れていたので、感覚が戻ってきた感じになれて良かったかも。
貸してくれた、蛍さんに感謝です。

自分が描きかけて、放置している切ない系のマンガの続き。
きちんと終わらせたいな。と思いました。

で。
この作者の作品は何作か読んだけど、次はコレ↓が読んでみたい。ミステリーらしいし。
でも、文庫が出てから・・・だな。
赤朽葉家の伝説赤朽葉家の伝説
(2006/12/28)
桜庭 一樹

商品詳細を見る






☆☆  編集後のつぶやき。  ☆☆

砂糖菓子に関しては、読後感が悪い。というのが普通みたいで。
他の人の感想を読んで、びっくりして。

・・・編集してしまいました。
・・・弱い。・・・弱すぎる。

私。ミステリーやホラーが好きなもんで、グロテスクな表現に麻痺しているのかも。
いかんな。自分。人でなしっぽいな。

ただ、本当に読後は嫌じゃなかったんですよ。
最後の、山田なぎさが、私は好きだと思ったんです。
最後の方の、言葉に共感したんです。

ああ。言い訳っぽいけど。
一応、共感した言葉を書いておきます。下の方に。
読んだことのない人は、見ないでね。



















「友達の死を若き日の勲章みたいに居酒屋で飲みながら憐情たっぷりに語るような腐った大人にはなりたくない。」



自分に一番身近で、共感出来た言葉でした。
それは。私がもう、酒を飲む、大人だから。
スポンサーサイト
[ 2009/03/12 21:23 ] たわごと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hanasakideonpu.blog6.fc2.com/tb.php/471-59d905bb


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。