スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鈍痛と戦いながらダラダラ

なんかおなかに鈍痛が・・・

と思ってダラダラしていたら、一週間くらい経ってた。
びっくりだ。

鈍痛は気にならない程度になったので、放置。

まあ、年とると、いつも何かしら具合悪いような気がするよね?

・・・違うか?




そんな中、ダラダラと読んでいた本。

本当はちがうんだ日記 (集英社文庫)本当はちがうんだ日記 (集英社文庫)
(2008/09)
穂村 弘

商品詳細を見る


現実入門―ほんとにみんなこんなことを? (光文社文庫)現実入門―ほんとにみんなこんなことを? (光文社文庫)
(2009/02)
穂村 弘

商品詳細を見る



日記も面白かったんだけど。

現実入門・・・世間一般の方々が普段やっているようなことをやったことがない作者。
例えば献血などを、編集さん同行で体験していくんだけど。
いわゆる体験記みたいなものですが、気持ちの変化(?)とかもあって・・・

とても面白かったです。
作者を知らない人にもお勧め出来るお手軽な本だと思います。
でも作者の性格がチラチラと分かってきて、きっと詩も読んでみたくなることと思います。(多分)
(本当は詩や短歌が本業でいらっしゃいます)



こういう日記や実話系の体験記や旅行記などの本は大好きで、活字、漫画を問わず、よく買います。

同人誌でも買います。

ザクザク読みます。




だけど。
お友達や知り合いの日記やブログを見るのは、ちょっと苦手です。

なんか。彼氏の携帯覗き見・・・みたいな気持ちになっちゃうんです。
なんでだろ?

だから、精神的に余裕があるときにしか見に行かないです。
いえ、見に行けない。が正しいかも。

なんだか薄情な感じっすね?
お友達のみんな。ゴメン!こんなヤツで。

う~ん。
直接、個人的に、メールや電話や直接会って「こんなことがあってさ~」って話してもらうのは
すんごく嬉しいんだけど。
本当に、すんごく嬉しくて、いつまでも聞いていたいんだけど。

ブログとかに書いてあるのを読んでいると

だんだんドキドキしてきてしまうのです。
心がヒューヒューする時もあるんです。

そう。お友達のブログに限って。



全然会ったことのない人や、遠い存在の人の日常は本を買ってまで知りたいのに。ですよ?



こんな感じが原因で、何度もmixiを放置する羽目に。

だけど。
お友達の日常も、本になって「コレ読んでね」って渡されたら

今まで怖がっていたのがウソのように
ウキウキした心で読めてしまう。

なんだか、げんきんだな。
でも、仕方ないな。
気持ちまでは治せないから。





さて。本の話に戻って。

・・・実は詩とかに意外と鈍いです。(短歌も同じく)
そして、恋愛思考でもないです。

なのに、穂村さんの詩は読みます。
とても好き。なんだか好き。

求愛瞳孔反射 (河出文庫)求愛瞳孔反射 (河出文庫)
(2007/04)
穂村 弘

商品詳細を見る


↑コレとか、何度も読み返しましたね。きっとまた、読み返します。

自分はここまで恋愛思考になったことが無いからなぁ。

すぐに現実的になっちゃうからなぁ。


またそんな夢みたいなことばかり言って!とよく怒られたもんだけど。

恋愛とかでは夢が見れなかったなぁ。
きっとこれからも見ないだろうな。

読むだけで、充分だ。


その他、今夜から読む本たち。↓

にょっ記 (文春文庫)にょっ記 (文春文庫)
(2009/03/10)
穂村 弘

商品詳細を見る


日記風に書かれているけど、ウソ日記らしい。


夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(2008/12/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る


買ってから気付いたけど・・・羽海野チカさんがレビュー(イラスト付!)描いていてビックリ。
文庫はこういうお楽しみもあって嬉しいな。
スポンサーサイト
[ 2009/03/26 19:35 ] たわごと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hanasakideonpu.blog6.fc2.com/tb.php/477-72ee2257


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。